アロマテラピー生活を楽しもう

アロマって魅力が満載だと思いませんか?
色々使えて大満足。
まずは芳香浴から初めて、いろいろやっていきましょう。

それには、まずは精油の効能を知ることが大切です。

最も有名な精油は「ラベンダー」でしょう。

ラベンダーは、鎮静作用があります。リラックス効果と皮膚の炎症などに良いとされています。初心者にも扱いやすいので最初に手にする精油としてもいいと思います。

レモングラスは、イネ科で、香りはレモンのようです。虫よけにも良いとされているので、レモングラスを用いて虫よけを作るのもいいでしょう。

ローズマリーは、ハーブとしても有名ですよね。気分を高揚させてくれます。また血行を促すので、マッサージにもいいと思います。

ペパーミントは、清涼感溢れる香りです。殺菌作用があるので、アロマスプレーを作る時にとても重宝します。

イランイランは、エキゾチックな香りです。鎮静作用があるので、ラベンダー同様リラックス効果があります。

こんな感じで、精油の特徴を生かしていろいろ使い分けるととても幅が広がります

私ももっといろいろ精油をそろえたいと思います。

アロマオイル

芳香浴

アロマといって真っ先に思い浮かぶのは「芳香浴」だと思います。
一番シンプルな芳香浴は、ハンカチに精油を垂らしたり、マグカップにお湯を入れ精油を入れるだけなのでとっても簡単です。

精油さえもっていれば簡単にできる芳香浴です。

もっと本格的に香りを楽しみたいわと思えば、アロマポットやアロマライトを購入するのがいいと思います。

比較的お値段も安いので気軽にはじめまれます。ロウソクやライトの灯でも癒されますよね。

アロマスプレーも手軽にできます。遮光瓶にエタノールをいれて、お好みの精油を入れて精製水をいれたら出来上がり。

精油は目的に合わせて変えると消臭スプレーになったり、消毒、虫よけなどになったりします。

ディフューザーというものもあります。こちらは空気の圧力で細かい霧状に噴霧させる本格的な器具となっています。

過熱しないので精油本来の香りが楽しめます。アロマポットなどよりはお値段が高めです。

どの機材を使用するかは、お好みでいいと思います。

アロマな生活

いい香りを嗅ぐとリラックスできますよね。

アロマやお香などを取り入れた生活を送れば、きっと毎日がハッピーになれると思います。

でもなんでリラックスできるんだと思いますか?そこには「脳」が大きく関わっています。

大きく分けて4つのルートがあるようです。

一つは、嗅覚を通じて脳に伝わり気持ちが落ち着いたり元気になったりと心理的効果が得られます。

他に血液から体内に取り込まれて全身に行き渡ります。

お風呂に精油を入れたり、化粧水に入れたりして、アロママッサージなどで、皮膚を通して体内に入ってきます。上記の事をしているときでも、一緒に嗅覚を通じて脳にも刺激をしてきます。香りを嗅いでいる以上に、リラックスができるんですね。

吸入によって肺に精油が入ってくると、精油の種類によっては痰を切ったりと色々と効果があるそうです。その時の状況に合わせて精油も選ぶといいですね。

日本では精油を飲んだりすることは進めていないので馴染は薄いですが、消化管から吸収されて肝臓まで届き代謝分解します。

色々な方法で、体内に取り込まれていろいろと効果を発揮してくれる精油はとても魅力的ですね。

ただ、使い方を間違えると危険なこともたくさんあるので、気を付けてください。

精油の成分は色々あります。殺菌作用、鎮痛作用、鎮静作用、ホルモン調節作用、去痰作用、消化・食欲増進作用などがあります。精油の成分を見て、色々使い分けると更に効果がアップすると思います。

光毒性というものがあります。日光などに当たると反応してしまう精油があるので、そういったものを使用する際には注意が必要です。

柑橘系のものが多いのですが、光毒性のある精油を付けて外出してしまうと皮膚に炎症が現れる場合があるので、光毒性があるものを利用する場合には気を付けてください。

また、アロマは薬事法を理解した上で取り扱わないといけませんので、薬事法を理解することも必要となります

「この精油は、〇〇に効果がある」と言って販売することはできません。また精油を使って化粧品をつくって販売するという事もいけませんので注意が必要なんです。

など色々規制されてしまう精油。じゃあどうやって使うのよ!と疑問になりますよね。あくまでも自己責任という考えが前提となります

たとえば、精油を使って化粧水を作って自分で使うことは大丈夫です。精油に似た合成オイルなどもありますので、ちゃんと精油を使うようにしてください。

独身の友達の恋愛、近所のおばちゃんに紹介してもらった彼

私は既婚者なのですが、独身の昔から仲の良い友達が居ます。

こちらの友達なのですが、つい最近、近所のおばちゃんに紹介してもらい、付き合いだした彼がいるそうです。その彼は、近所のおばちゃんがパート先で一緒だという同僚だそうで、彼女とは同い年、そしていい子だから、ということで紹介をしたそうです。

私は、近所のおばちゃんから紹介してもらうと言うだけで、それだけで嫌だと思いましたし、正直良く紹介にのったな…という風に思ってしまいました。

近所のおばちゃんに紹介してもらったという彼は、とても草食系の彼で、ぐいぐい引っ張ってもらいたい彼女とは全く性格が異なっていました。

彼女は、彼の不満ばかりを話していて、なぜ付き合っているのだろうと思ったら、彼女は、他に相手が居ないから仕方なく付き合っている、これをのがしたら、もう出会いがないかもしれないということで付き合っていると言いました。

私は、そんな恋愛は止めた方がいい、と彼女に伝えました、その後別れたようです。今は、婚活アプリなど出会いなんていくらでも探せるのですからそれが正解だと思いました。

参照関連サイト 社会人出会いの場ナビ|場所・きっかけ等をレクチャー